しつけ 最初

やはりしつけは最初が肝心だなと感じました。

我が家のワンコはヨークシャーテリアのメスで3歳になります。
名前はビーコです。

 

私にとって初めてのワンコです。
まず犬というものに対する知識がまったくなかったからワンコを飼い始める前に
しつけの本を2冊ほど読み込みました。

 

サークルやベッド、トイレなど必要なものはビーコを購入したお店で相談して揃えました。

 

肝心のしつけのほうは?我が家は自営なので仕事場の事務所にビーコを
朝から私たちが帰る夕方までいっしょに過ごすことが前提だったので
無駄吠えをさせないというのを徹底しました。

 

お客様に吠えたら事務所には連れてこれないからです。

 

吠えたら目を合わせない、抱っこはしない、ビーコが吠えだしたら
私が事務所から出ていき、ビーコが泣き止んだ時に事務所に戻り、
いい子だねと声をかけて頭をなでてやる。

 

小さい頃は、その繰り返しでした。

 

そして小さい頃にいろんな人に慣れさせておいたほうが良いと思ったので
お客さんがいる時はビーコに2~3粒のエサをやってもらってました。

 

人に慣れさせるためです。

 

無駄吠えのしつけはこんな感じで実行しましたが成功したと思ってます。
お客さんが来ても吠えないし、おとなしくジッとしてます。

 

今現在、3歳と2か月ですが無駄吠えはしません。
やはりしつけは最初が肝心だなと感じました。

 

我が家には2か月の時にやってきましたが、小さい頃ってかわいいんですよね。

 

私もいっぱい抱っこをしてやりたい気持が強かったのですが
抱っこクセがつくとすぐにせがんで吠えるようになるからと思い
我慢してました、私だけが徹底しても他の家族が甘やかすと何にもならないので
主人にも徹底してもらいました。

 

小さい頃、特に我が家に来たころは夜泣きもしてましたが
泣いても完全無視をしてました、泣き止んだらいい子だね、大丈夫だよと
声をかけて少しビーコと会話をしてると安心するのか夜泣きの期間はすごく短かったです。

 

芸とかは何もできなくていいのですが、とにかく無駄吠えをしない事と
絶対、噛まない犬にする事を念頭にしつけてきました。

 

それと万が一、ビーコを飼えなくなる状況が来たらどうしようもないので
誰にもらわれてもかわいがってもらえるワンコにしようと思ってがんばってきました。

 

お陰様でいいワンコに育ってくれました。

 

知らない人や他のワンコに出会っても吠えないし、自分からシッポをふって
近づいていきます。

 

知らない人によく吠えませんね、いい子ですねと言われると何だかうれしいです。

 

小さい頃のしつけはトイレをはじめ大変でした、私にとってはワンコを飼うこと自体
初めてだったのでビーコがトイレを覚える頃までは冗談抜きで半ノイローゼみたいでしたよ。

 

しつけを通して感じたことは人間の子供も犬の子供もいっしょだなと思います。
かわいがったら、かわいがったぶん、ビーコはいい子になってくれました。

 

これからもたくさんの愛情を注いでいきたいです。

 

>> 人気の犬のしつけDVDは、こちら